ブログ運営

WordPressテーマDigiPressの「GRAPHIE」のフォントを変更する方法

実はフォント変えました!(*´∀`*)

フォントは、グーグルが提供するWebフォント「Noto Sans Japanese」。

前と比べて結構見やすくなったと思いませんか?
(前どんな感じだったか知らないかもしれませんがw)

いくらいい記事を書いても見やすくないと読む気が失せますよね。

見やすさの一つの要素としてフォントって結構重要だと思います。

今回は、その重要なフォントを変更する方法を紹介します。

 

Webフォントとは?

Webフォントって何かわからない人もいるかもしれないので簡単に説明します。
(私もあまり理解していないので適当にググったほうがいいかもしれませんw)

Webフォントを設定していれば、サーバから自動でフォントをダウンロードして表示してくれます。

つまり、フォントをインストールしていないパソコンであっても表示可能で、どんな環境でも表示できます!

Webフォントであれば、環境に依存しないのでいろんなフォントが選択でき、フォント次第で見やすいフォントだったりおしゃれなフォントにできるんです。

 

この便利なのですがWebフォントなのですが、いろいろ探してみたのですが無料でできる日本語はほとんどありませんでした・・。

残念!

唯一無料で使えたのがグーグルが提供している「Noto Sans Japanese」

ちなみに、有料のものだとモリサワのWebフォントや、フロップデザインのWebフォントが有名みたいです。

 

Webフォント「Noto Sans Japanese」に変更する方法

今、現在私のブログで使っているフォント「Noto Sans Japanese」をDigiPressのテーマ「GRAPHIE」で変更する紹介します!

おそらく、DigiPressのテーマであればやり方は変わらないと思うので参考にしてみてください。

コピペして貼り付けるだけでかなり簡単だったので是非試して見てください!

WordPressの管理画面のDigiPressの項目から詳細設定→ビジュアル設定を選択。

<head>~</head>内のユーザー定義 :」という項目があるので
そちらを選択して、以下のコードを貼り付けて「設定を保存」。

<link href=”http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css” rel=”stylesheet” type=”text/css”>

 

スクリーンショット 2016-03-04 0.01.28

次に、ビジュアル設定→オリジナルスタイルシート設定に以下のコードを貼り付けて「設定を保存」。

 

body {
font-family: ‘Noto Sans Japanese’, ‘ヒラギノ角ゴ Pro W3′,’Hiragino Kaku Gothic Pro’,Meiryo,’メイリオ’,’MS Pゴシック’,sans-serif;
font-weight: 200;
}

.entry p {
line-height: 35px;
}

 

スクリーンショット 2016-03-03 23.27.55

ちなみに、ここで貼るコードの「font-weight:」はフォントの太さを調整する項目で、私は、200と結構細めにしてます。

細めのほうが見やすいんじゃないかなぁ っというのが私の見解。

「line-height:」は、行間の高さを変更する項目

この辺は好みなので色々試してみてください!

ちなみに、DigiPressの公式サイトからもフォント変更の方法が紹介されているのでそちらも参考にするといいかも。
好きな箇所に好きなWebフォントでテキストを表示しよう

 

変更してみた感想ですがテーマファイルを直接編集を直接いじらなくても良くて失敗してもあまり影響がないのでかなり工夫されてるなっと思いました!

さすがDigiPressさん!

 

まだあんまり一般的でないのかあまり選べるWebフォントは、ないですがこれから無料で利用できるフォントがたくさん出てきて欲しいですね。

 

URL
TBURL
Return Top