日常

カメラ保護フィルムをキャンドゥ(100円均一)のグッズで貼る方法

カメラの保護フィルム購入すると結構高いですよね。

家電量販店で探してみると500〜2000円くらいのものがほとんどでした。

かと言って、保護フィルムをはらずに使っていくうちに、

ディスプレイに傷が入ってしまうとテンションが下がります。

 

やはり、保護フィルムは、貼ったほうがいいと思います。

今回は、100均一のグッズを使ってカメラの保護フィルムを作る方法を紹介したいと思います。

 

iPhone6の保護フィルムを使います。

 

近所の100均キャンドゥのiPhone6の保護フィルム

を作ってみることにしました。

_DSC1614

購入したものがこちら。

 

こちらの保護フィルムを、カッターでカットして

カメラ用の保護フィルムサイズにします。

保護するカメラは、ソニーのRX100です。

 

カットするサイズの図り方ですが、実際のカメラを使ってものさしで測るか

もしくは、そのカメラの市販で売られている保護フィルムのサイズを参考にします。

ちなみに、RX100は、64mm × 47mm がちょうど良かったです。

 

あとは、カッターで切って貼るだけ。

印を付けて切っても良かったのですが、印をつけると印の跡が残りそうなので

印はつけずに、ものさしで測りながら切りました。

 

印をつけなかったので失敗するかもと思ったのですが、

100円なので、失敗しても損害は少ないのがいいですよね。

 

貼ったものがこちら。

BIMG_1617

 

ちょうどよく貼れました!

切ったところが若干、ゴワゴワした感じがしますが、

それほど気にならないのでうまくできたと思います。

切るときは、なるべく一回で切ったほうが綺麗に切れると思いました。

スポンサーリンク


 

貼ってみた感じですが、思っていたよりもちゃんとした作りでした。

しかし、市販ものと比べると

汚れがつきやすく安っぽい感じはありました。

 

近くの100均で買えたので気軽に買えたのと、

安いので気軽に加工できるのがいいと思いおました。

保護フィルムを安く済ませたいときや、

とりあえず、仮の保護フィルムが必要なときにいいのではないでしょうか。

URL
TBURL
Return Top